ファイル暗号化は何故必要なのか

ファイル暗号化は何故必要なのか
ファイル暗号化という言葉をご存じでしょうか。
これはメールに添付して送信するファイルを暗号化して、途中で悪意の第三者に盗み読みさるのを防ぐための技術です。
インターネットを介したメールは相手に対して一直線に届くのではなく、複数のサーバを経由して送信される仕組みです。
この途中で盗み読みされないとも限りません。
そこでメールを暗号化してパスワードがないと開けないような仕組みにするのがファイル暗号化です。
これはメール送信に限らず、USBやハードディスクなどの記憶媒体に保存するファイルにも使えます。
こちらは万が一の紛失や盗難、あるいは不正にパソコンやUSBメモリを使用された場合の安全策です。
特に業務で作成したファイルには、企業の秘密や保護すべき個人情報が含まれていることがありますので、今後ますます重要視されていくことは間違いありません。

情報管理に有効なファイル暗号化
仕事の時にパソコンなどで使う各種のファイルは、
効率を上げる上でなくてはならないものですが、
しかし、そのファイルから情報が外部に漏れる可能性があるために、
ファイルの取扱には気を付けなくてはなりません。
社内だけで使うファイルだからと安心をしていても、
不注意によって想定していない人に送ってしまったり、
悪意のある人が不正にアクセスしてファイルを盗んでしまう可能性もあります。
このようなファイルから情報漏えいすることを避けるためには、
ファイル暗号化が必要となります。
ファイル暗号化をすることで、ファイルの内容を見せたくない相手には
意味の分からない情報しか伝わることはありませんので、
万が一ファイルが社外の人に渡っても心配しなくて済みます。

最近の記事

建物が災害で壊れたときに便利な三和鑑定事務所

注文住宅を持つ喜び

気になるセレック治療の料金

株式会社STARTで安心未来


業務用脱毛器にもっと詳しくなろう!

安心して治療が受けられる歯科

初心者でもできるFX予想

地球のことを考えて

小さな土地でも土地活用で利益を出そう

水中機材を使って海を楽しもう